□ 自社技術の特徴 □

    • 弊社ブラシレスモータ用インバータ
  • 弊社はブラシレスモータの制御を得意としております。
    ブラシレスモータの長所はブラシという摩耗部品がないためメンテナンスフリーで長期間使用できるという点です。

  • ブラシレスモータにはインバータが必要となります。ブラシは機械的にコイルに流す電流の切り替えを行っているため摩耗してしまいますが、インバータは電気的に行うため摩耗する心配はありません。

  • インバータは電流が切り替わる瞬間を検出しそれに見合った周波数を与えます。しかし高速領域になってくるとマイコンでは周波数の計算が追い付かず5万回転程度が限界だと言われています。

  • 弊社はアナログ回路設計を得意としております。通常マイコンは並列処理が苦手で周波数の計算に時間がかかってしまいますが、アナログならば同時に処理をして10万回転以上の高速回転が可能となります。
  •  
  • 以下に弊社ブラシレスモータの特長を挙げます。
  •  
  • 弊社ブラシレスモータの特長
  • 1.センサレス制御のため位置センサが必要ない
    (位置センサがないとモータの歩留りが良くなり、製造コストを抑えられる)
    2.適応範囲が広い
    (数百~数十万回転のモータまで定数調整で対応でき、僅かなモータの特性変化で運転不可になることはない)
    3.始動トルクが大きい
    (始動時に遅れ力率にすることでトルクを増やすことが出来る)
    4.速度制御範囲が広い
    (1:50の変速範囲を達成している)
    5.制御方式としてPAM,回生有りのPWM,回生無しのPWMがある。
     
    6.電流制御(トルク制御)にすると乗算器を用いて巻き取り機の制御ができる。
    (高精度の張力制御が期待でき、テーパーテンションも可能)
    • といった特長があります。
    •  
    • 誘導モータの制御も得意としております。
      誘導モータは効率こそブラシレスモータに劣るものの、ブラシがなく構造が簡単で廉価で製造できる利点があります。
      ・パワーコンディショナ (パワコン)
      弊社は長年培ったインバータの知識と経験を活かし、パワーコンディショナのシステム設計・試作にも取り組んでおります。

      パワーコンディショナとは、インバータの一種で太陽光で発電した電気を工場や家庭等で使えるように適切な周波数に変換する装置です。

      太陽光発電で余った電気を電池に充電し、電気が足りなくなったら充電した電池から電気を供給するといったこともひとつの装置で可能になります。
      その他
      他にも照明器具の高周波点灯等も取り組んでおります。